ゴンの妊娠徒然~アメリカあらふぉー妊婦記録~


LA在住。2009年11月 妊娠検査でポジティブ。妊娠と日常に関する我が家のささやかな記録。2010年7月31日ちびごん誕生
by gondaregondare
プロフィールを見る
画像一覧

出産録4 賭けのBBQ~絶対肉食う(@@)))~

おしるしがあった後は
みんななぜかすぐに就寝。
興奮しててもなるようにしかならないってところだろうか?





私は寝なくちゃ・・とは思ったけど
気分を落ち着かせるためにブログの更新などをしてたように思う。
明日のBBQに来ていただくお客様にメールなども書いておいた。



「痛みがあるにはあるし、
さっきおしるしもあったので
もしかしたら?・・・ってこともあるかもしれませんが
BBQは予定通り開催しますのでどうぞよろしくお願いします・・・」



そんな内容だった。




書いて気持ちを落ち着かせる。
過去の私も落ち着かないことがあると
いつもこんなだったなー・・・なんて思いながら。







おしるしがあってからすぐに出産が始まる女性もいれば
全然始まらない女性もいる。
きっと私は
おしるし後に出産が始まらない女性に該当するのではないだろうか?と判定してみたくなる。








だって、寝て起きたらBBQの日なんだよ?
プライムリブだよ?炭火焼(BBQ)なんだよ?
絶対食う!!!(@@))))






・・・・寝る前に最後の痛みを確認したのが1時。
ベットに入ってから2回ほど。
いつのまにか寝てしまったようだ。
眠れるほどの痛み。。。
ほらやっぱり陣痛じゃぁないんだ。






これは絶対陣痛じゃない!!
肉を食う!!!(@@))))うをををを







朝7時半に起床。


昨晩の気合が効いたのか
お腹の痛みは全くない。
朝食を食べて
BBQの支度を始める。







お客様ご一行は午後からぼちぼちくる予定。





モノを動かしたり
掃除したりする内に
やっぱり何だかおかしいな?的なドスドスした痛みが押し寄せる。
最初は気のせい気のせい気のせいとスルーするも
段々そういう類の痛みとも違う痛みになってきた。
生理痛が30分置きにやってくる感じ。





いやいや、、大丈夫!!(@@)))




仮に陣痛だったとしても
出産するのは今日じゃないはず!!(根拠の無い自信)あたしは絶対肉を食う!!!







BBQがメインなので大した準備もしなかったのだが
その準備の途中義母に唐揚げ作りを頼んだのだが
片栗粉の在庫が全然無いことに気がついた。
買いに行くのもなぁ・・・と
申し訳ないがツグさんに電話して
片栗粉を買ってきてほしいと伝えた。
快諾してくれたが
到着した後





「あの電話、、お産が始まりました!!って電話か
今日のBBQは中止です!って電話かと思っちゃったよおお」





と、言われたが
そっか・・・・おしるしがありましたなんてメールが来たら
普通誰でもそう思うだろうなん。。。



カパちゃんも到着後の開口一番



「おしるしって???
大丈夫なの?
もう来ちゃったけどサー!!あはははー!!!」


と、かぶりつき。ぎゃは





でも2ファミリーが到着して感じたこと&相方と話したことがある。



もし、これでお産が始まってしまっても
私は安心してこの場所を立ち去れる。
きっと残った人達だけで宴をたのしんでくれるんじゃないかなー。。。なんて。




私は絶対肉を食うけど!! 
これは陣痛じゃないし!!
→言い聞かせ










髪皿やお箸を用意したり
つまめる用に生春巻きやちょっとした揚げ物をしたりし始めると
普通には立ってられない痛みがやってきた。





午後12時50分
お尻の奥が痛む。
どうしていいかわからない痛みで動けなくなったので相方を呼ぶ。
念のため記録をつけ始めてもらう。
(※記録係は相方の仕事。)






腰をさすってもらう。
なるほど、、楽になる。
これもハリスクラスで習ったこと。






もしかしたらこれは陣痛かもしれない。
私は少し腰をかがめた姿勢で深く息を吐く。






でも我慢できない痛みじゃない。
まだまだ全然平気。






1分ほどで痛みは治まった。
大して痛くない。
やっぱり陣痛じゃないかもしれない。(→まだいうか)







痛いといっても、、、
中にニッキーがいるのでお腹に力を入れられない関係で
やりきれない痛みではない。
あえていうならお尻の奥が痛いというだけで
排便困難な時の痛みに似ていた。





以下今なら陣痛とわかってる痛みの間隔を記録


13;06~
13;21~
13;41~
13;52~
14;05~




この後でつぐさん&ペコさん登場。
まだ余裕。




「もしかしたら陣痛かもしれないですけど
そうじゃないと思うー」



などと言って




「ちょっと!!
早く病院いきなさいよ!!!(@@)))」





と、心配されるww(ほんとすんませんw)



間隔はまだ長いが痛いときは
屈む程度ではなくて
相方のデスクに上半身をくっつけて
机の端っこを強く握って
ちょっとみんながドン引きするくらいの声で



「ひぃいーーーーーーーーーー
はぁーーーーーーーーーーーー」




と、深く呼吸して痛みを逃がさないとやってられない。
だいぶ痛みは強くなってきた。
でもまだまだ、、、
昔のピーク時の生理痛のほうがよほど痛かった。






14;19~
14;30~
14;51~
15;06~


ここでカパちゃん&カパ夫さん登場




女衆で写真を撮ったり
雑談などして
実に和やかに過ごすが
(今になれば認めるしかない)陣痛がやってくるときだけ
ヒーヒーフーお化けに変身。


15;20~
15;47~




私の様子を見て
これはもしかしたら陣痛だろうから
ごんちゃんが後悔しないように・・・と




とりあえず肉を焼き始めてくれたカパ夫さん。。。

ああああ、、ありがとうございました(感涙)!!!





16;02~
16;15~


痛みはドンドン強くなる。
これはやっぱり陣痛なのかもしれない、、、
深く深く呼吸をして
痛みを逃がしながら頭の中で





(早く、、早く終われ1分30秒・・・)
と、思っている。




痛みのたびに
相方が時計を片手に



「よし!ごんちゃん!!
あと30秒だ!!もう少しだぞ!!
よーし、あと15、14、・・・・・」






カウントダウンが始まると
もうすぐ痛みが終わるという安心感から少しだけ涙が出る。(海亀かw)





1分30秒すると
ほんとに見事に痛くなくなる。
不思議。






ジキルとハイド。
天国と地獄。
2重人格者の性格ってこんなかな?とか思う。




16;26~
16;35~




観念気味。痛みどんどん強くなる。
何か出てきそうな異物感も下腹部にある。






そうこうしているうちに肉が焼ける。

どどーん
b0164834_17305622.jpg




うまい!!


16;41~


痛い!!






痛いイタイイタイイイイイイイっと
机で突っ伏してヒーフーヒーフーやって
痛みを逃してまた食べる。



全員、私が肉を食べてるところをみていた。(気がする)






「本当に陣痛きてるんかいな?
こんなんみたことないわwwわっはっは」→義父




「ごんちゃん、もういいでしょう?
観念して病院いく準備しなくちゃ」



16;45~



ひーひーひーふーフーフー(@@)))))
痛みが逃げてまた食べる。



 



あたしゃー絶対食う!!!
うまいうますぎる!!!肉最高!!!








目の前に出されたお肉は最高のやけ具合・・・
全部食べてから出かけたい。。。





陣痛中、
お義母さんも一生懸命腰をさすってくれて
拳骨を腰に当ててくれる。
さすが、、、出産経験者はやってくれることが違う。(感謝)




既に≒10分間隔(もしくはそれ以下)の陣痛の模様。
皆さんが心配そうな顔をする中、
このまま入院するかもしれないので
ガラちゃんとお話しに行ったり
シャワーを浴びたりする。





16;50~





シャワーを浴びてる最中に陣痛がきたらどうしよう?
と、思ってたら来たーw





心配した相方が寝室に来ると
素っ裸の私がシャワーの縁で
一人でひーひーふーとやってるところを目撃させてしまった。
(見苦しいものみせて&焦らせてごめんなさい※倒れてるようにみえたらしい)





んでもって電話も来たー!!(@シアトルのももはなちゃん)






でも痛みが終わる直前だったので電話にでて少し話をした。



「今ねぇ、
もしかしたら陣痛きてるかもしれないんだー
ちょっと痛いんだよねー、でも肉食べたいからガンばってる」




と、いうと



「何やってるのよ???
馬鹿なこと言ってないで
早く病院行きなさいよ!!!」





と、笑いながら怒られたwぎゃは





お客さんが来てるのに
陣痛をかわしつつ
シャワーに入って
ももはなちゃんと話をしている。





何だかものすごい非日常だ。

 



シャワーから出て
最後につぐさんとカパちゃんと写真撮影をして
相方と義母とヨタヨタと玄関へ向かう。




「みなさん!!行って参ります!!
もしかしたら帰ってくるかもしれないし
帰ってこなくてもゆっくり楽しんでってくださいねー
全部皆さんにお任せしますー!!」






「そんなんで帰ってこられるわけないでしょう!!
しっかりがんばってきなさーーーーーーい!!」→大爆笑







玄関を出ると



「ああ、、帰ってくるときは
家族が一人増えてるんだなー。。。」


・・・と思った。
まだ結構余裕だった。



17;13


ガレージの中でも一度陣痛がきた。 
ああ、、一際痛みが強くなってきた感じ。




17:19に出発。
見送ってくれたつぐさんとカパちゃん。
何だかありがたくて心強くて泣いてしまった。






後のことをよろしくお願いしますうううう!!!







義父母の紹介を兼ねて開いたBBQ大会。
奇しくも出産日になろうかという・・・・
ブログネタとしては最高すぎるシュチュエーション
陣痛の痛みをも忘れさせてくれる喜びに咽た。






★★★★★

車中でも陣痛が来た。



17:22
17;25
17:32
17:38
17;42


ひぇー、、、10分切った?
デスクがないので腰をかがめられない分
痛みを逃がすのが大変。
助手席で大暴れしてしまった。
どっちむいても痛いイタイイタイ・・・・





17:45分病院到着
とりあえずサインをしに産科の入り口へ向かう。
途中痛みをやり過ごしつつ・・・



17;47~
17;50~
17:56~
17:59~





窓口に私を見てくれてるドクターの一人がいた。
(Dr.コーウェン)


相方が


「どうやらワイフの出産がはじまったようなんです。
陣痛は先ほどから数分間隔です。」




ドクターはこちらを一瞥しただけで余裕。


「どうかなぁ・・・みてみないとね?」




と、ニヤリとするだけで
慌てる様子もない。




なんと心強いこと。
私も冷静にならなくては。




少々脳みそに空気が足りてない感じ(クラクラした)がした。
とりあえず座りたかった。






なにやらこの日は出産ラッシュの模様。
病室が空いてないから待合室で待てという。






まじで?(@@))))


18:06
18:12
18:17
18;25
18:27
18;35




引っ切り無しの陣痛。
椅子の前に置いたスーツケースに突っ伏して
ヒーヒーフーふー痛みを逃がす。



相方は私を宥めすかしながらビデオも撮影。
義母はひたすら腰をマッサージ。




陣痛
無痛
陣痛
無痛
陣痛
無痛








この動きは何だか人間をハイテンションにさせる。
このみはいつか終わる。
そう思えば耐えられない痛みじゃないから
マラソンをしてるような気分。





でも陣痛中の私は獣だったと思う。
同じ待合室にいた10人以上のメキシカンは
私を見てみぬフリをしてくれた。







心配されるより気が楽だったけど
見苦しいものをお見せしてしまった。
でも人生の一大事、ご勘弁。



・・・っていうか、、、



早く病室あけてくれよ!!!(叫)









[PR]
by gondaregondare | 2011-07-29 06:10 | 出産録

カテゴリ

全体
受胎?
妊娠認定
妊婦生活
Xデイ
出産録
未分類

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧